ご挨拶

こんにちは、当サイトにお越しくださいましてありがとうございます。
占い師の月瞳子です。

皆さんは「占い」と聞いてどんなことを思い浮かべるでしょうか…
「人の未来を当てる」「人の心を読む」「なんとなく怪しい」…そんなイメージを持たれている方が多いと思います。
私も幼い頃、占いに対してこれに近い神秘的なイメージを持っていました。
愛好家の祖父の影響もあってか不器用で友達付き合いが下手な私に勇気を与えてくれたのが占いだったのです。
「自分とは一体何者でどうしてここにいるんだろう」という疑問を小さい頃から持ち続け、西洋占星術の手作りホロスコープをいつも眺めてはその答えを必死に探っていた少女時代を過ごしました。
何年もホロスコープとにらめっこして得られた結果は、これは自分の取り扱い説明書なのではないか…ということでした。
どのような長所があってどんな欠点があるのか…どんなことを人生の課題として背負っているのか。それを乗り越えた先に待っているものは何なのか…
ホロスコープには「この職業につきなさい」「この人と結婚しない」などという決まりきったことは一切書かれていません。
なぜならそれは自分自身が己のことを熟知した上でよりよい判断をし、決断するものだからです。
ホロスコープに書かれていること…それは人はどのように生きれば満足いくそれぞれの人生になるのかということではないかと思うのです。
四柱推命にも「君子知命」という君子は己の天命を知り人々のために行動するという意味の言葉がありますが、これこそが自分の取り扱い説明書にあたるものだと考えています。

占いは未来をピタリと当てたりその人の運命を固定してしまうものではなく、何かのきっかけ作りの一つだと考えています。
なぜなら考え方を変えたり行動することによって人の未来はいくらでも変わるからです。
占いで運命という名の決められたレールの上を走るよりも、占いを何かの加速装置として利用する方が楽しいと思いませんか?
他人の心は変えられなくても、自身の心は変えることが出来ます。

よい結果だけではなくたとえ悪い結果でもそれをバネにして大きく羽ばたくことが出来る人…そんな人こそが真の幸せを掴める人なのだと思います。

占いで心のマッサージを

恋愛、仕事、家庭、結婚…人間は常に何かに対して心が働いています。
しかし体は休めることを知っていても、心を休めることの大切さを知っている人は一体どのくらいいるでしょう。
自分へのご褒美にエステやマッサージには行くけど、心はほぐしていない…そんなことはないでしょうか。
占いにはそんな心のヒーリングをする効果もあると信じています。
時にはカジュアルに占いを楽しむというのも、心をマッサージして軽くするのに効果を発揮するものと考えております。

現在の活動状況

今現在インターネットでの活動を中心としております。
のんびりと気ままにを合言葉に少しずつ活動の場を広げていきたいと思っております。
どうぞよろしくお願いします。


Page Top